腕の良いバンパーの塗装業者を効率的に探すコツ

傷の修理だったり、イメージチェンジのためのカスタムだったりと、愛車を塗装し直す機会は少なくありません。特に前後のバンパーは自動車の中で損傷する可能性が最も高い箇所でもありますので、塗り直しの回数も自ずと多くなります。どうせなら腕利きの業者に塗ってもらい、毎日気持ち良く運転したいものです。ここで塗装業者を見極めるポイントを知り、今後の業者選びに活用しましょう。予備知識として、一部だけを塗る「部分塗装」よりはバンパーを丸ごと塗り直す「一本塗り」の方が綺麗に仕上がります。コスト的には部分塗装の方が安く済みますが、色ムラや劣化の進み具合などで塗り直した箇所が目立ってしまうことがあります。業者の腕だけでなく、注文の仕方によっても仕上がりは変わってくるということに注意が必要です。

腕利きのバンパーの塗装職人がいる工場の条件

敏腕塗装職人のいる工場や会社の特徴は、次のようなものです。一つは、塗装用の設備がきちんと整っていることです。設備の充実した工場には塗装ブースや調色ブースなどがあるはずです。ゴミの付着を防いで綺麗に仕上げたり、車の色に合わせた色を出したりするには、作業環境も大切です。可能ならば見学に足を運び、自分の目で確かめると良いでしょう。二つ目の特徴は、高級車を扱うディーラーと提携していることです。高級車の修理を請け負っている工場には、やはり腕の良い職人が揃っている傾向があります。逆に新米からベテランまでさまざまなスタッフが在籍していると考えられるのが、規模の大きな工場です。まだ経験の浅い新米スタッフが担当に付く可能性もありますので、一概に大工場が良いとは言えません。一番良いのは、ちょっとした傷などの修理をお願いして様子を見ることです。その出来によってバンパーを任せていい業者かどうか判断出来るでしょう。

バンパーの塗装職人の口コミを知る方法

バンパーの塗装業者の良し悪しを判断するポイントとしては、口コミも有力な情報となります。周囲に最近車の修理を行った家族や知人がいれば話を聞いてみましょう。口コミに関しては、インターネットの専門サイトで調べるという方法もあります。インターネット上には自動車整備工場専門の検索サイトがいくつも存在しますので、身近な工場の情報や評判を調べてみましょう。これまで知らなかった穴場の整備場に出会うことが出来るかもしれません。なかなか店舗まで足を運ぶことが出来ないという方は、こうしたサイトを利用するのもいいでしょう。一つのサイトだけでなく、いくつかのサイトでクロスチェックすることで情報の精度を高めることが出来ます。避けるべきなのは安さ、早さを謳う業者です。そうした業者がすべて悪いとは言えませんが、価格や時間のために仕上がりを妥協していることも多いため注意しましょう。