バンパーの塗装業者選びで失敗しない方法をお伝えします

カスタムや修理を目的にバンパーの塗装を検討されている方に、おすすめの情報をお伝えします。バンパーは、特に角は擦ってしまったり当ててしまったりしやすい箇所です。ひどい傷などで損傷が激しい場合は交換が必要になりますが、凹みが少ない場合や小さな傷の場合は、バンパーの塗装を行います。バンパーの塗装をすると雰囲気がとても変わるので、車のカスタマイズを楽しんでいる方にもおすすめです。カラーによっては傷の目立たないカラーもありますので、そういった目的のためにも使えます。バンパーには、加熱などをすることで簡単に形を整えられるFRP樹脂という素材が使われていることがほとんどです。カー用品店、ディーラー、塗装専門業者などが請け負ってくれます。傷がついてしまったバンパーの補修やカスタマイズのために塗装業者の探し方をご紹介しましょう。

信頼できる塗装依頼先の選び方をご紹介します

バンパーはDIYでの塗装も可能ですが、塗装業者に依頼したほうが綺麗な仕上がりになるでしょう。バンパーの塗装修理には、一本塗り、部分塗装の2種類があります。業者によっては部分塗装しか対応していないこともあるので、業者選定の際には最初に確認しておきましょう。ディーラーに依頼するのも一つの安心の形です。修理内容が明確で、的確な修理対応を行なってくれます。このため、ディーラーに依頼する方が多いようです。ただ、交換を勧められたり、塗装業者への仲介となった場合には手数料を含んだ高額な費用がかかる可能性もあります。塗装専門の業者を探したほうが安い場合もありますが、業者によって特徴が分かれやすい傾向にあります。値段と仕上がりのバランスなど、口コミサイトなどを事前によく調べておきましょう。予算と安心感、サービス内容のバランスに合わせた業者選びが重要です。

業者を検討して選定する際に大切なポイント

業者の選定は、相見積もりを取ってから行いましょう。予算としては、バンパー交換よりも安価に済み、一本塗りの場合は5万円から8万円、部分塗装の場合は2万円から3万円ほどかかると言われています。ディーラーに依頼する場合は、これよりも高くなる傾向にあります。塗装専門業者ならもっと安くなることもありますが、フランチャイズの業者だと簡易補修しか対応してくれない場合もあります。どこに依頼するか、慎重な検討が必要です。体験談や口コミが参考になることもあります。メールや電話で簡単な見積もりを取れる業者もありますが、実際の金額は見てもらわなければ明確な金額は出づらいので、現状を見てもらうことをおすすめします。また、見積もりを取る際には、納品までにかかる期間の確認も大切です。他にも、国内産なのか外国産なのかで対応の可否が変わってしまうこともあります。大切な車への塗装なので下調べは慎重に行いましょう。

外車、国産車、大型車など車種による追加料金は一切ありません。 自動車のキズやへこみなど、他のところと比べてみると驚いてしまうほどの激安料金で承っておりますのでまずは簡単なお見積りを。 対象地域の修理車の無料引取り・納車サービスを実施。電話一本でスタッフが自宅まで車をお引き取り。 たくさんのお客様にご利用いただくために朝9時から夜22時まで営業。 バンパーの塗装修理なら池内自動車